株式投資で資産1億円

短期~中期の株式投資で資産1億円達成までの道のりを記録するブログです

9/17~9/20の損益・PF(-25,728円)

▼先週比

-25,728円 (-0.3%)

 

▼総パフォーマンス

入金額 : 7,150,000円

評価額 : 7,248,290円(投資評価額 7,040,872円 現金残高 207,418円)

評価益 :  +98,290円 (+1.4%)

 

▼口座サマリー

f:id:kamemaru111:20190920234909p:plain

 

▼売却損益

3092 ZOZO +123,860円

 

▼メモ

先週からは微減。

あまりパッとしない1週間でした。

先週末はこれから大型高配当が来る、と思っていましたがいつの間にかブームが終わっていました。

移り変わりが早すぎて流れに乗るのがムズすぎます。

 

ZOZOは全部売却して利確しました。

売却資金と余力資金で

 - 4188 三菱ケミHD 200株

 - 8058 三菱商事 100株

 - 6928 エノモト 100株

 - 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 100万円

を購入。

現物株と投資信託の割合が半々になりました。

 

米国株のMO(アルトリア・グループ)の株価が配当利回り8%まで下がってます。

今が買い時と思って注文入れようとしたら手数料が購入金額の0.5%。

売却するときも同じくらいかかるとすると合計1%かかります。

米国株やってる人ってこれを当たり前のように受け入れているのでしょうか。

日本株だと1注文0.1%未満なので、米国株が非常に割高に感じてしまいます。

購入した時点で1%負けてるって辛くないですか。

結果、S&P500のインデックス投資に落ちつきました。

米国個別株に手を出すのはまだ先になりそうです。

8/12~9/13の損益・PF(+181,734円)

▼先月比

+181,734円 (+2.5%)

 

▼総パフォーマンス

入金額 : 7,100,000円

評価額 : 7,224,013円(投資評価額 5,786,048円 現金残高 1,437,965円)

評価益 :  +124,013円 (+1.7%)

 

▼口座サマリー

f:id:kamemaru111:20190913195336p:plain


▼売却損益

3300 AMBITION -395,595円

3550 スタジオアタオ -56,370円

3836 アバント -56,196円

7325 アイリックコーポレーション -53,370円

2914 日本たばこ産業 -22,357円

4249 森六ホールディングス -29,670円

3830 ギガプライズ -8,270円

8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ -595円

7229 ユタカ技研 +3,187円

3397 トリドールホールディングス +6,954円

6928 エノモト +36,130円

3092 ZOZO +265,260円

 

▼メモ

1ヶ月ぶりの更新になります。

8月は、AMBITION(3300)とアイリック(7325)の決算爆死と地合いの悪さにより、総パフォーマンスが最大-40万円(-6%)まで落ちました。

意気消沈してブログを更新する意欲が全くなくなっていましたが、ここ最近の日経平均連騰とZOZOサプライズでプラ転することができ、やる気も復活してきたのでブログ更新を再開しました。

 

今回のAMBITIONとアイリックの反省点としては、

 - ボラティリティの高いグロース株では確度が高くない限り決算跨ぎはやらない

 - 致命的な悪材料が出て急落がわかった場合、寄りで即手放す

 - 変に反転を期待して持ち続けない

なところです。

決算跨ぎはしばらくやりません。

早めの損切りを心がけます。

 

また、最近はファンダメンタルよりも相場の流れや勢いが重要だなと思い始めました。

どんなに財務内容が良くて割安だとしても、下落基調なものはそう簡単には変わらなくて、落ちているナイフは拾っても落ち続けます。

いつ反転するかはわかりません。

個人投資家には流れを変えられる力はないので大きな流れに上手く乗っていくしかないです。

最近は明らかに小型株から資金が抜けてきて大型株の流れがきているので今はそれに乗っていっています。

 

投資本を読んでいると、バリュー株で儲けました、グロース株で儲けました、高配当株で儲けました、小型株で儲けました、など色々な手法が出てきます。

ただ、その人が上手くいったのはたまたま相場の流れとフィットしたのであって、この手法をやればいつでも必ず儲けられるというのはないと思ってます。

有効な投資手法は知識として幅広く知っておいて、それを相場の流れと合わせられるように変幻自在に使えるようになっていきたいです。

また、チャンスを増やすために銘柄も幅広く知っておいた方がいいので銘柄勉強もしていかなければと思っています。

四季報夏号は2,3,4,9千番台で力尽きてしまったので秋号はなんとか1週してきたいです。