株式投資で資産1億円

短期~中期の株式投資で資産1億円達成までの道のりを記録するブログです

9/23~10/18の損益・PF(+114,641円)

▼先月比

+114,641円 (+1.4%)

 

▼総パフォーマンス

入金額 : 7,500,000円

評価額 : 7,712,931円(投資評価額 7,712,626円 現金残高 305円)

評価益 :  +212,931円 (+2.8%)

 

▼口座サマリー

f:id:kamemaru111:20191019232218p:plain

 

▼メモ

思うところがあって個別銘柄を全て売却して投資信託を買い付けました。

本当に欲しい銘柄が出てくるまでは投資信託でいこうと思います。

 

思い立った発端としては、よしぼんさん主催の四季報トーナメントの過去のパフォーマンスを見たことによります。

ちょうど1年前の2018年度 第4集の四季報トーナメントの平均パフォーマンス(2018/09/14~現在)が-11%というのを知って落胆してしまいました。

いくら地合いが悪かったとはいえ、株クラ民がこれから上昇すると見込んだ銘柄でさえこれだけのパフォーマンスになってしまうのでは自分には個別株で儲けるのは難しいと思ってしまいました。

これをきっかけに株式投資について色々と思いを巡らせて、結論としては全資産をインデックス投信に割り当てることにしました。

 - 日常生活で株に使っている時間が多すぎる(twitter、blog、適時開示情報などの巡回)

 - それにしてはパフォーマンスがイマイチで指数に勝ててない

 - 株価の動きが読めないので結果的にギャンブルになってる(期待値の検証が難しい)

 - 株価の乱高下に一喜一憂してしまってメンタル的によくない

 - 年5%利回りを目指すのであれば個別銘柄の必要はない

などなど。

このまま続けていれば徐々に結果もついてくるのかもしれませんが、ちょっとのめり込み過ぎていたので一度個別銘柄からは離れてみることにしました。

 

投資信託のアセット・アロケーションは、

米国株式S&P500 25%

日経平均225 25%

主要先進国株式 20%

全世界株式 10%

先進国リート 10%

Jリート 10%

で設定しています。

 

個別銘柄は株価が気になってしょうがなかったですが、投資信託にすると気にならなくなるものです。ほったらかしていきます。

9/17~9/20の損益・PF(-25,728円)

▼先週比

-25,728円 (-0.3%)

 

▼総パフォーマンス

入金額 : 7,150,000円

評価額 : 7,248,290円(投資評価額 7,040,872円 現金残高 207,418円)

評価益 :  +98,290円 (+1.4%)

 

▼口座サマリー

f:id:kamemaru111:20190920234909p:plain

 

▼売却損益

3092 ZOZO +123,860円

 

▼メモ

先週からは微減。

あまりパッとしない1週間でした。

先週末はこれから大型高配当が来る、と思っていましたがいつの間にかブームが終わっていました。

移り変わりが早すぎて流れに乗るのがムズすぎます。

 

ZOZOは全部売却して利確しました。

売却資金と余力資金で

 - 4188 三菱ケミHD 200株

 - 8058 三菱商事 100株

 - 6928 エノモト 100株

 - 三菱UFJ国際-eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 100万円

を購入。

現物株と投資信託の割合が半々になりました。

 

米国株のMO(アルトリア・グループ)の株価が配当利回り8%まで下がってます。

今が買い時と思って注文入れようとしたら手数料が購入金額の0.5%。

売却するときも同じくらいかかるとすると合計1%かかります。

米国株やってる人ってこれを当たり前のように受け入れているのでしょうか。

日本株だと1注文0.1%未満なので、米国株が非常に割高に感じてしまいます。

購入した時点で1%負けてるって辛くないですか。

結果、S&P500のインデックス投資に落ちつきました。

米国個別株に手を出すのはまだ先になりそうです。